神やんから届くメッセージを分かりやすく記事にしています神やんって?★★高次元と繋がるメルマガを始めました【無料登録する】

哲学ライク

自分を信じるために

禅語「自灯明」について。 自は、自分自身。灯明は、神仏に供える灯り。 陽の光を見失い暗闇(無明)にいる私たちを照らし導く智慧。エネルギー。 一般的には、自分を信じなさい自分を大切にしなさい、と解釈することが多いようです。 自分を信じることは大…

体調よりも心の調子

体調がすぐれないと心も乱れますよね。 身体のどこかが痛いと心も折れそうになります。 身体心魂 の順に整えるのが人の筋道だと今も思っています。 しかし このところの地球と私たち人間の様子をざっと見渡したところ 物質(肉体)の密度というか 身体への依…

雨にも風にも流されて

一休宗純の話です。 とんちの一休さんはたくさんの逸話や名言を残しています。 私のおススメは、こちら。 ーーーーーーーー雨、降らば降れ。風、吹かば吹け。ーーーーーーーー もとの和歌は うろじよりむろじへかえるひとやすみあめふらばふれかぜふかばふけ…

今できることを

道元禅師の言葉に 「身の病気なれば、病を治して後に良く修行せんと思はば無道のいたす処なり。四大和合の身、誰か病なからん。(中略)ただ志のいたりなれば、他事を忘れて行ずるなり」 というのが、あります。 神やんオリジナル意訳では↓「病気のときって…

禅の極意は薄目にあり!

坐禅を組んだこと…ありますか? 屋根のある場所で座ると座禅で 屋外ならば坐禅だと聞いたことがあります。 座には屋根(まだれ)がついているから…って。 さて。 悟るとか、邪念を捨てるとか精神を統一するとかなかなか難しいことです。 私の師匠によります…

満月のいたずら

新月を過ぎましてこれから14日ほどかけて満月に向かいます。 満月の日には人々の心が不安定になるようですね。 事故や喧嘩も増えるらしい。 月と太陽の配置により地球上の引力が高まって 心身への負荷が高まり自律神経が不調になる。 というのが一般的な満月…

悩みは過去から、不安は未来からやってくる

あれがない これができないうまくいかない手に入らない 色んな悩みがあります。 悩みは誰にでもありますし人生に知恵をもたらし実験の材料にもなります。 悩むことは決して悪いことではありません。 でも。 悩む理由や原因の多くは過去からやってきます。 過…

我慢は慢心

あなたには、今、何を我慢しているでしょうか? 我慢とは…辛いことを耐え忍ぶこと…と辞書には書いてあります。 けどね。 我慢とは、実は自我の慢心だ…とも言えるのです。 我慢していることがあるならちょっと、こんな風に自分に問いかけてみてください。 な…

能力の限界を突破する方法

私たちの能力には限界がありますので その限界の範囲で世界を見ているわけです。 見たいものを見るときも見たくないものを見るときも いずれも見るという知覚能力の範囲内のできごとです。 自分の能力の限界までしか見ることができません。 聞くことも、味わ…

なぜ時間は止められないのか2

今朝も神やんは現れませんでした。 結果として数と時間の話を続けるわけですが、これも神やんからの示唆かもしれません。 さて。 いくら数を数えても数という存在は見えません。 時間を確認したところで時間という存在とも出会えないのです。 私たちは数を数…

なぜ時間は止められないのか

今日は「数の魔力」の日。 なぜなら神やんが今朝現れなかったからです。 さて。 私たちは日常の中で当然のように数を数えたり時間を確認したりしています。 しかし一体どこに数というものがあるいは時間というものが存在しているのでしょうか? あなたは宇宙…

神社にお参りするとき気をつけて見てください

神社にお参りしますとギザギザの紙を見かけますね。 注連縄や玉串(榊)に挟み込まれている白い七夕飾りみたいな …あれです。 紙垂(しで)といいます。 もともとは木の皮を叩いて柔らかくして割いたのだだそうですが 今は紙(半紙)ですね。 あのギザギザと…

暗闇の力

今朝の夢です。↓私は懐中電灯を手に森の中を歩いていました。 見えないけれど隣には神やんらしき存在がいてさほど怖くなかった。 けど、ちょっと怖かった。 懐中電灯の明かりは先の見えない道路を楕円形に照らします。 明かりの先は暗闇に吸い込まれるように…

眺める禅・Mark Rothco

瞑想する絵画と表現されるマーク・ロスコの作品 あの暗褐色というのか砂色や、くすんだ茜色のカラーフィールド。 早暁に表れた色彩は、まさにマーク・ロスコでした。 絵画に無知な私であっても身体が動かなくなるような 潔く逞しくありながら、同時に弱音を…

時間は孤立しない…数の魔力ふたたび

今朝は夢の中で時の鐘が鳴り響き 淡いグレーの鳥たちは時を察したかのように飛び去っていきました。 というわけで、やはり今朝もタシュナー「数の魔力」の頁を繰ることにいたしましょう。 時間について… (以下、引用) 瞬間を意識的にとらえようとすれば、…

ハニカム構造が教えてくれること

蜂の羽音が聴こえて…。 あら、今年もスズメバチがうちの軒先に巣を作るの? 困ったなぁ…。 と思ったところで目覚めました。 現実界のスズメバチさんは未だかつて、うちの軒先に営巣したことはありません。 なんだろなぁ? 思い出したのは山中湖にある知人の…

鳥のさえずりが美しい理由とムクドリ被害

今朝は特別に素敵でした! 鳥、鳥、鳥…。 たくさんの鳥たちがもうすぐ陽が昇るよ、と知らせてくれるのです。 騒々しいほどに鳥たちの声が響き皮膚がざわめきました。 騒々しいけれど 静かで穏やかで嬉しくてたまらない。 鳥たちの中に、もしかしたら死んでし…

数の魔力~太陽と月と星~

神やんが現れない朝はルドルフ・タシュナー「数の魔力」を読みます。 難しいので、ちょっとだけ読めそうなところをつまみ読みするだけです。 タシュナーは (以下、引用) 「時間の概念を頭の中で組み立て得るためには、変化と持続という両者を互いに関係づ…

産道は参道でした

今朝、夢の中の私はトンネルを歩いていました。 どうやらトンネルを出ると生まれることになっている。 その出口は入り口でもあってUターンしてトンネルに入ると死ぬことになっている。 …と、なぜか私は知っている。 さて…またまた謎の夢です。 感じたことを…

あなたは神を信じますか?

今朝の神やんはお茶目さんでした。 あ~なたはかみを~しん~じますか↑カタコトの日本語っぽく読んでください(笑) 神やんの口から、このセリフってギャグなんですけど…。 さて。 私が、とても若くて未熟で(今も未熟ですけど)肩ひじ張って生きていた頃 渋…

字余りも良し、字足らずも、また良し

今朝は神やんから数字「31」を受け取りぼんやり目覚めました。 古神道の師匠が話してくれた和歌のことを思い出したのでここに書いてみます。 ......................31には「非の打ち所がない」という意味がある。 和歌は五+七+五+七+七計31文字。 この…

観音様のお仕事

千手観音菩薩っぽい神やんが夢に現れ いつも通りニヤッと笑って消えました。 うーむ。 観音様で来たか…。 あ、そういえば心理の師匠(僧侶)から何か教えてもらった。 メモ、メモ、どこ? ありました。 (以下メモ) 観音菩薩とは観自在菩薩、または観世音菩…

地球が涙を流しているので

ピトン…ピトン… ポチャン… と水の滴る小さな音がして 振り返ると地球があって 海から水の粒が現れ宇宙に向かってゆきました。 地球から放射状に涙が流れてゆきました。 泣いてるの?と神やんに声をかけようとしたら目が覚めました。 木を切ること大地を削る…

タトゥーはアートだ!情熱だ!そして、お守り、神とのつながり

今朝の神やんは背中で男の魅力を語ってくれました。 お尻もまる見えだったような気が(笑) 首から踵まで一面の鱗(ウロコ)タトゥー。 ...........古代の海に生きたポリネシア民族の祖先たちは 魚の鱗を体に貼りつけ太陽の熱から身を守り 海底に潜む物の怪…

太陽と月と星

今朝は神やんと一緒に空を歩いてきました。 飛ぶのではなく歩いたのです(笑) 見下ろすと太陽と月と星がそれぞれまん丸な顔して笑っているのです。 あら、みんなご機嫌な様子。 でも、みんな同じ大きさだね。 と思ったら神やんが 「他の星から見たら地球も星…

数秘術から量子論まで~ルドルフ・タシュナー再び~

神やん、こなかったなぁと目覚めた今朝のこと。 以前ご紹介したタシュナー「数の魔力」が、本棚からちょっと飛び出しています。 あ、そうそう。 途中まで読んで挫けほったらかしていた。 とりあえず開いたページに書かれていたことをお伝えしたくなりました…

冷静と霊性について、ついでに冷製

「くーっ」という文字では表現しきれないのですが 「くーっ」に近い音が聴こえて目覚めました。 明らかに「くう」ではなくあ、これは外国語かな? 「cool」の「くーって」かも。 というわけで、今朝は冷静について書いてみます。 なにごとに対しても誰に対し…

深層と真相について、ついでに寝装

何かメッセージを受けたらしく枕元のメモには「しXそX」と、書いてありました。 Xが、何なのか記憶なし。 起き上がってメモを眺めると「しんそう」と読めたので 「しんそう」の話をします。 真相とは 事情とか、心情とか裏側・背景にあるもの ですかね。 …

終わる、ということの、ありがたさ

専業主婦のウツ引きこもりというヤツを体験した私は 苦しくてたまらないことはするもんじゃないね という学びを得ました(笑) その時代を抜け出すきっかけとなったのが読み聞かせ、です。 大型絵本をもって児童図書館やら子育て支援センターなどを巡業するわ…

人生は小さな決断の連続

神やんからのメッセージを忘れないでおくために 枕元にA4サイズの紙と太字のペンを置いています。 ベッドに横たわったまま寝ぼけたまま書くため 何を書いたか分からずという残念なことが続き 目覚めた瞬間に身体を起こすことにしました。 目覚めたら、起き上…