A quiet and modest life brings more joy than a pursuit of success bound with constant unrest.

【今日の神やん】
~アインシュタインの喜び~

こんにちは。
あい出版Tomokoです。

今朝の夢は、ただ
ただただ、静かでした。

静かすぎて、なんだか
恐ろしいようでもあり
豊かでもありました。

神やんが与えてくれる
イメージは常に二つの
異なる面をもつようです。

この感覚を頼りに
ネットの海を泳いでいたら
こんな記事に出会いました。

A quiet and modest life brings more joy than a pursuit of success bound with constant unrest.

(静かで質素な生活は、絶え間ない不安に縛られた成功の追求よりも多くの喜びをもたらす)

1922年にアインシュタインが
書いたものです。

日本のホテルに滞在中
ベルボーイに渡した
チップ代わりのメモ。

2017年に競売で落札され
その金額が156万ドル
というニュースでした。

アインシュタインの名と
落札までの経緯と
金額が耳目を集めたことでしょう。

記事の中では「more joy」が
多くの喜び、と訳されていましたが

より深い喜び、という日本語が
フィットするような気がします。

成功と不安はセットなのかしら。

成功って、なんなのかしら。

絶え間ない不安に縛られて
追及する成功って
ほんとに成功なのかしら。

不安が消えていくことが
成功なんじゃないかしら。

などと屁理屈をこねたところで

アインシュタインという
大宇宙が意図したことを
私が察することもできず…。

ただ今朝、夢にみた
恐ろしいほどの静寂は
私には喜ばしいものでした。

自然の音と、その音により
更に際立つ静寂を感じながら

慎ましやかな暮らしを
今日も与えられたことに
ありがたいなぁ…

と思える今朝の喜びです。