数の魔力より、666の真相(深層)

先日ここで書いた
「数の魔力~数秘術から量子論まで~」
から、コラムのご紹介です。

念のためですが
著者名はルドルフ・タシュナーで
ルドルフ・シュタイナーでは
ありません。

こんな勘違いをするのは
私くらいのものです。

さて、666という数字に
どんな印象をもちますか?

「6」に関する私の個人的な
体験をお話しますと…。

雪の結晶を初めて顕微鏡で
見たとき、その六角形の
美しすぎる美しさに
恐怖を感じた記憶があります。

あと星マークを描くときに
一筆書き五角形の人と
二筆書き六芒星の人が
いると知って驚いた。

それから最近、この作品で
6が超レアな数字、完全数だと知り

※6の約数の和(除く6)はである
1+2+3=6
さらに数霊・数秘をつまみ食いすると
6は受け入れる・調和する数字らしい。

3つの6でミロク(弥勒)とか
エンジェルナンバーや
日月神示では注意を促すとか

なんとなく、つながりがある様子…。

タシュナーのコラムによりますと

①カトリック教会を敵視する人々の意図

カトリックの象徴である教皇の
冠に書かれたラテン語
「神の息子の代理者」
に隠された数字の合計は666。

教皇を敵視する派の人々が
666を悪魔数として宣伝した。

②ルーレットは悪魔の遊び

ルーレットのホイール(円盤)上の
数字の合計は666。

ルーレット(ギャンブル)は人を
悪魔に変えてしまうので6
迷信家たちが666は悪魔だと言った。

③どんなものでも666になる

ちょっとスキルを使えば、なんだって
666に結び付けて解釈できる

と、タシュナーは言うのです!!

ラテン語「w」は数字6を表す。
666はwww(world wide web)
インターネットってことですね。

※以上は、タシュナーのコラムから
私なりに理解したことです。

インターネットは世界をつなぐ
と同時に、世界を、えーっと
破壊する力でもありますよね。

どちらから見るか
どのように見るか

一部は全部で
全部は一部

みたいなことを感じる今朝です。