神やんから届くメッセージを分かりやすく記事にしています神やんって?★★高次元と繋がるメルマガを始めました【無料登録する】

哲学ライク-禅語・仏教

自分を信じるために

禅語「自灯明」について。 自は、自分自身。灯明は、神仏に供える灯り。 陽の光を見失い暗闇(無明)にいる私たちを照らし導く智慧。エネルギー。 一般的には、自分を信じなさい自分を大切にしなさい、と解釈することが多いようです。 自分を信じることは大…

体調よりも心の調子

体調がすぐれないと心も乱れますよね。 身体のどこかが痛いと心も折れそうになります。 身体心魂 の順に整えるのが人の筋道だと今も思っています。 しかし このところの地球と私たち人間の様子をざっと見渡したところ 物質(肉体)の密度というか 身体への依…

雨にも風にも流されて

一休宗純の話です。 とんちの一休さんはたくさんの逸話や名言を残しています。 私のおススメは、こちら。 ーーーーーーーー雨、降らば降れ。風、吹かば吹け。ーーーーーーーー もとの和歌は うろじよりむろじへかえるひとやすみあめふらばふれかぜふかばふけ…

今できることを

道元禅師の言葉に 「身の病気なれば、病を治して後に良く修行せんと思はば無道のいたす処なり。四大和合の身、誰か病なからん。(中略)ただ志のいたりなれば、他事を忘れて行ずるなり」 というのが、あります。 神やんオリジナル意訳では↓「病気のときって…

禅の極意は薄目にあり!

坐禅を組んだこと…ありますか? 屋根のある場所で座ると座禅で 屋外ならば坐禅だと聞いたことがあります。 座には屋根(まだれ)がついているから…って。 さて。 悟るとか、邪念を捨てるとか精神を統一するとかなかなか難しいことです。 私の師匠によります…

満月のいたずら

新月を過ぎましてこれから14日ほどかけて満月に向かいます。 満月の日には人々の心が不安定になるようですね。 事故や喧嘩も増えるらしい。 月と太陽の配置により地球上の引力が高まって 心身への負荷が高まり自律神経が不調になる。 というのが一般的な満月…

悩みは過去から、不安は未来からやってくる

あれがない これができないうまくいかない手に入らない 色んな悩みがあります。 悩みは誰にでもありますし人生に知恵をもたらし実験の材料にもなります。 悩むことは決して悪いことではありません。 でも。 悩む理由や原因の多くは過去からやってきます。 過…

我慢は慢心

あなたには、今、何を我慢しているでしょうか? 我慢とは…辛いことを耐え忍ぶこと…と辞書には書いてあります。 けどね。 我慢とは、実は自我の慢心だ…とも言えるのです。 我慢していることがあるならちょっと、こんな風に自分に問いかけてみてください。 な…

能力の限界を突破する方法

私たちの能力には限界がありますので その限界の範囲で世界を見ているわけです。 見たいものを見るときも見たくないものを見るときも いずれも見るという知覚能力の範囲内のできごとです。 自分の能力の限界までしか見ることができません。 聞くことも、味わ…

眺める禅・Mark Rothco

瞑想する絵画と表現されるマーク・ロスコの作品 あの暗褐色というのか砂色や、くすんだ茜色のカラーフィールド。 早暁に表れた色彩は、まさにマーク・ロスコでした。 絵画に無知な私であっても身体が動かなくなるような 潔く逞しくありながら、同時に弱音を…

観音様のお仕事

千手観音菩薩っぽい神やんが夢に現れ いつも通りニヤッと笑って消えました。 うーむ。 観音様で来たか…。 あ、そういえば心理の師匠(僧侶)から何か教えてもらった。 メモ、メモ、どこ? ありました。 (以下メモ) 観音菩薩とは観自在菩薩、または観世音菩…

禅語:にゅうなんしん(柔軟心)と、毎朝、生まれ変わること

昨日「ほっとけばいいじゃん」と言った神やんは、今朝 私を、ほったらかしにしてどこかへ出かけたようです。 ほったらかし、ありがとう。 というわけで「にゅうなんしん」の話。 禅語でございます。 柔らかく、しなやかな心のありよう、ですね。 私の個人的…

あえて負けを選ぶ~放下着(ほうげちゃく)~

今朝の夢は波打ち際。 神やんと少女(多分、私)が魚を追いかけていました。 道具もなく、二人とも素手で魚を捕まえようとして なかなか捕まらなくてそれが楽しくて。 捕まえた小さな魚を神やんは私の手に載せて それから一緒に、そっと海に還しました。 今…

とりないてやまさらにしずかなり~鳥啼山更幽~

深い森の中でした。 背の高い木々にわさわさと葉が生い茂り日の光も差し込まず。 けれど私は落ち着いてまっすぐ歩いていました。 小さくて丸い光が導いてくれるのです。 あれは、きっと神やんです。 どんどん、どんどん歩きました。 鳥の声?篠笛? ピーっと…

親鸞聖人だって悩んでいた~欲と怒りと愚かさを抱えて生きること~

【今日の神やん】~ふたたび貪瞋痴~ こんにちは。あい出版Tomokoです。 3ヶ月ほど前になりますが 「人を力づける人」になるための 心のトレーニングに参加したことを書きました。 1000種類以上もの感情があるというわたしたち人間。 その1000種類はただ3つ…

前後裁断・前後際断・道元禅師・今ここ

ジャキッ! かな…。 いや、 ガシャッ! というような音と同時に 大きな鋏が現れました。 このところ神やんは 風景や物や音や 漢字や色彩となって 夢に現れます。 鋏。 裁縫用の握りが黒くて がっしりした鋏が 開いて、閉じた。 以上。 はぁ〜。 今日もですか…

禅の十牛図~osho哲学~

牛が現れました。 牛の背には薄桃色の綿菓子…のようなものが。 このフワフワした可愛らしいものが 神やんなのか他の存在かわかりませんが 牛さんと綿菓子さんがのんびりして 気持ちよさそうだったので今朝の私も、大変に気分が良いのであります。 牛 で思い…

神やんと月子の会話: 夫婦漫才か禅問答か

神やんと月子の会話は 夫婦漫才のようでもあり また禅問答でもあります。 どこに向かうのか わかないまま ただ着いていく。 クスクス笑ったり 首をかしげたり 背中を押されたり。 明け方の夢に 二人が同時に現れると 騒々しくて ヨガや瞑想の 朝の大切なひと…

道元禅師の教えと、神やんの仕業

今朝は神やんがお休みでした。 お休みにも、きっと意味があるのでしょう。 というわけで今日も寝起きに書棚の前に立ちました。 あらら…。 「典座教訓」ですか…。 恥ずかしながら精進料理の教科書と勘違いして購入したものです。 典座(てんぞ)というのは禅…