〜数の魔力 過剰数・不足数・完全数と友愛数~

神やんが連続で現れない場合
朝イチのイメージを優先する

または、昨日のつづきを
続ける…ことにしています。

ルドルフ・タシュナー
(注意!シュタイナーではありません!)
「数の魔力」から

美味しいところ
つまみ食い、のつづき。

今日のつまみ食いは
こちらです。
↓↓

【過剰数、不足数、完全数と友愛数】

数字の約数をみると
その数字の「質」を
探求することができる。

これはピタゴラス学派の
人々の考え方。

数字の「質」というのは
その数が「何を」
示しているのか。

数字は、ものの数や距離や
重量、などなど数を表す
共通尺度でもあり

「何か」を示す
質感を伴う概念でもある

という感じですね。

※あくまで私の理解です🙇

その「何か」は
約数の中にあるらしいです。

たとえば「12」

「12」の約数は1/3/4/6/12で
その数自身(12)を除いた
合計は14です。

14は12より大きいので
あふれ出す数
過剰数と呼ばれます。

たとえば「10」

「10」の訳数は1/2/5/10で
その数自身(10)を除いた
合計は8です。

8は10より小さいので
足りない数
不足数と呼ばれます。

たとえば「28」

「28」の約数は1/2/4/7/14/28で
その数自身(28)を除いた
合計は28です。

完全に一致していますので
完全数と呼ばれます。

完全数は
「6」
「28」
その次は
「496,8128,33550336,858969056」
なのだそうで

その次が存在するのか
次の次があるのか
奇数の完全数はあるのか

というのは未だ
解明されていないようです。

もうひとつ
友愛数というのがあります。

お互いの約数(その数自信を除く)
の合計が、相手の数と一致する場合。

「220」と「284」は友愛数です。

220約数
1/2/4/5/10/11/20/22/44/55/110/220
220を除く合計284

284約数
1/2/4/71/142/284
284を除く合計220

ピタゴラスは220と284が
友愛関係にある魂を象徴する
つまり友愛数だと考えた。

220と書いた紙片と
284と書いた紙片を
男女が食べることで

恋愛感情が高まると主張した
中世の数秘術家もいたそうです。

遠い日に、息子と見た
ピタゴラスイッチ。

そして小川洋子の
「博士の愛した数式」

などを思い出す
今朝のことです。