神やんから届くメッセージを分かりやすく記事にしています神やんって?★★高次元と繋がるメルマガを始めました【無料登録する】

禅の極意は薄目にあり!

坐禅を組んだこと
…ありますか?

屋根のある場所で
座ると座禅で

屋外ならば坐禅だと
聞いたことがあります。

座には屋根(まだれ)が
ついているから…って。

さて。

悟るとか、邪念を捨てるとか
精神を統一するとか
なかなか難しいことです。

私の師匠によりますと
坐禅の本質は
「行動」だというのです。

静かに坐る、という
行動を続ける
…ということらしい。

何もしない
何も考えない
というよりも

坐るという行動を
積極的に続ける
というんですね。

修行僧ならともかく
私たちの坐禅は
散歩と同じ感覚。

一人静かに坐ることを
楽しんでください、と。

脚も楽にして良いですよ。

椅子に座っても良いですよ。

ただし

目は、パチッと開かず
閉じないでいること。

目を閉じると、どうしても
恐怖や妄想が現れます。

また目を見開くと
見える世界が限定される。

半眼(薄目)のすき間から
そっと見る世界は

この世とあの世の
すき間にあるもの。

顕在意識と潜在意識を
つなぐ糸のようなもの。

見えるか見えないか
はっきりしないもの。

その、すき間に集中すると
静寂に近づけるようです。

坐禅のポイントは
薄目、なのでした。

※今朝の神やんは、うっす~く目を開けて笑っていました。