神やんから届くメッセージを分かりやすく記事にしています神やんって?★★高次元と繋がるメルマガを始めました【無料登録する】

なぜ時間は止められないのか

今日は「数の魔力」の日。 なぜなら神やんが今朝現れなかったからです。 さて。 私たちは日常の中で当然のように数を数えたり時間を確認したりしています。 しかし一体どこに数というものがあるいは時間というものが存在しているのでしょうか? あなたは宇宙…

耳を動かす筋肉の話

今朝の神やんは牛の姿で登場! 晴れ渡る草原にの~んきな顔してぼ〜んやりしていました。 で、その牛さんの耳が動くのに合わせて小さな雲が揺れていました。 さて。 顔の筋肉を動かさずに耳だけを動かすこと…って、できますか? 私は、どうしても眉が一緒に…

神社にお参りするとき気をつけて見てください

神社にお参りしますとギザギザの紙を見かけますね。 注連縄や玉串(榊)に挟み込まれている白い七夕飾りみたいな …あれです。 紙垂(しで)といいます。 もともとは木の皮を叩いて柔らかくして割いたのだだそうですが 今は紙(半紙)ですね。 あのギザギザと…

暗闇の力

今朝の夢です。↓私は懐中電灯を手に森の中を歩いていました。 見えないけれど隣には神やんらしき存在がいてさほど怖くなかった。 けど、ちょっと怖かった。 懐中電灯の明かりは先の見えない道路を楕円形に照らします。 明かりの先は暗闇に吸い込まれるように…

眺める禅・Mark Rothco

瞑想する絵画と表現されるマーク・ロスコの作品 あの暗褐色というのか砂色や、くすんだ茜色のカラーフィールド。 早暁に表れた色彩は、まさにマーク・ロスコでした。 絵画に無知な私であっても身体が動かなくなるような 潔く逞しくありながら、同時に弱音を…

時間は孤立しない…数の魔力ふたたび

今朝は夢の中で時の鐘が鳴り響き 淡いグレーの鳥たちは時を察したかのように飛び去っていきました。 というわけで、やはり今朝もタシュナー「数の魔力」の頁を繰ることにいたしましょう。 時間について… (以下、引用) 瞬間を意識的にとらえようとすれば、…

ハニカム構造が教えてくれること

蜂の羽音が聴こえて…。 あら、今年もスズメバチがうちの軒先に巣を作るの? 困ったなぁ…。 と思ったところで目覚めました。 現実界のスズメバチさんは未だかつて、うちの軒先に営巣したことはありません。 なんだろなぁ? 思い出したのは山中湖にある知人の…

鳥のさえずりが美しい理由とムクドリ被害

今朝は特別に素敵でした! 鳥、鳥、鳥…。 たくさんの鳥たちがもうすぐ陽が昇るよ、と知らせてくれるのです。 騒々しいほどに鳥たちの声が響き皮膚がざわめきました。 騒々しいけれど 静かで穏やかで嬉しくてたまらない。 鳥たちの中に、もしかしたら死んでし…

曲線による癒しとアニマルセラピー

ケルン大聖堂のような直線的な外観の建物に近づいていくと 神やんらしきオジサンが扉を開けてくれました。 中に入ると、そこは曲線だけの空間でした。 流れるような回廊球体の中にいるような壁床も曲線を描き…。 誰もいないのに静かなのに、なぜか朗らかで賑…

声には本音が現れる

今朝ふと気づいたのは神やんの声(音の響き)が日によって全く異なる…ということです。 私の状態によるのか神やんの意図なのか いずれにせよ今朝はちょっと優しすぎて涙ぐんでしまいました。 言葉は記憶に残らずただ優しい音の響きが静かに残っています。 さ…

数の魔力~太陽と月と星~

神やんが現れない朝はルドルフ・タシュナー「数の魔力」を読みます。 難しいので、ちょっとだけ読めそうなところをつまみ読みするだけです。 タシュナーは (以下、引用) 「時間の概念を頭の中で組み立て得るためには、変化と持続という両者を互いに関係づ…

誰のための心地よさか

「それで、いいの?」 …というのが今朝の神やんからの一言です。 あまり気が乗らないのにどこかに向かっている私。 行く先には誰かが待っていてその人を悲しませたくないという思いで歩いている。 けど、行きたくない(笑) ここで神やん登場です。 「それで…

産道は参道でした

今朝、夢の中の私はトンネルを歩いていました。 どうやらトンネルを出ると生まれることになっている。 その出口は入り口でもあってUターンしてトンネルに入ると死ぬことになっている。 …と、なぜか私は知っている。 さて…またまた謎の夢です。 感じたことを…

炎は、薪と薪のすき間に

夢の中の私は、暖炉の火をおこそうとしていました。 なかなかうまくいかない。 誰か(おそらく神やん)が薪の配置を整えながら 「薪と薪がくっついているとうまく燃えないんだよ 離し過ぎても燃えない ちょうど良く、少~し離してあげると燃えるよ」 と教え…

思考と感情、考えているときの脳は…

珍しく今朝の神やんは何か考えごとをしている様子で 険しい横顔のままこちらに目を向けませんでした。 さて。 考えごとをしているとき私たちは何かしら行動している気分になります。 考えごと、という仕事に専念している感じですね。 考えごとの先には変化の…